上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の文庫活動はいつもの会場から場所を移して、メンバーのOさん宅で開催しました。なぜなら、たこ焼きパーティーをする事になったからw。大阪出身のAさんは、とても力を入れて種作りをしてくれているのに、関東者の多い他のメンバーは、たこ焼き=銀だこって発想しかしないもんで、関西人のコナモンにかける熱い思いにただただ申し訳無く、、、w。
DSC_0186.jpg
DSC_0187.jpg
このたこ焼き器、もちろんこちらで売ってる訳も無く、皆さん日本へ一時帰国した際などに買って持って来ているのですが、ルマキタメンバー13人中5人も持っていて、海外在住邦人のたこ焼きへの思い入れにびっくりしました。私はまぁーるくするのが苦手なので、持っていませんw。

たこ焼きパーティー終了後、子供達は人生ゲームで盛り上がってましたw。
DSC_0188.jpg

たこ焼きの用意をしている間に、別スペースで読み聞かせをしました。この日の絵本は

ぞうのババール―こどものころのおはなし (評論社の児童図書館・絵本の部屋―ぞうのババール 1)ぞうのババール―こどものころのおはなし (評論社の児童図書館・絵本の部屋―ぞうのババール 1)
(1974/10/20)
ジャン・ド・ブリュノフ

商品詳細を見る

大型本なので、子供達へ絵を見せるのには最適でしたが、字が手書き風なので読みにくい、読みにくい。私はこの絵本を読んだ事が無かったので、何の先入観も持たずに読み進めていたのですが、読み終わってから何か引っ掛かるようなすっきりしないものが残ったのです。何でだろー?って思っていましたが、このブログを書くので検索しててなるほどと納得。

ぞうのババールは、象たちの名前からおフランスの人が書いたのが分かったのですが、このお話自体がフランスの植民地主義の元に書かれた話だったからでした。象が支配下に置いた国の人々を表わし、人間や文明的な部分が宗主国って構図。しょっぱなからババールのお母さんが殺されたり、象の国の王様が毒キノコで暗殺されたりと子供のお話なのに、パンチがあるのはそんな理由だったからなんだな。

詳しくはリンク先に書いてあります。日本で翻訳されたのは1974年。第2次大戦後、アルジェリアが独立をかけてフランスとの長い戦争が終わってから約10年後ってのも勘ぐりたくなるというものです。

ぞうのババールは、読み聞かせCDも出てて何と、あのRCサクセションの清志郎が担当してましたよ!!


ぞうのババールぞうのババール
(1989)
忌野清志郎 / 高橋アキ

商品詳細を見る


10月のルマキタ文庫は18日(土)です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。