上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この日は家を出る時間がちょっと遅くなってしまいましたが、他の皆さんも遅れ気味で開始時間がちょっと遅くなりました。こうなると、最初から来ている子供達が飽きてしまい集中力が下がるので読み聞かせも一苦労です。自分自身がいい大人なのに集中力があまり持たない方なので、子供だったら当然そうなってもおかしくないんですけどねw。

本日の絵本はコレ
おしゃれがしたいビントゥ (アジア・アフリカ絵本シリーズ アフリカ)おしゃれがしたいビントゥ (アジア・アフリカ絵本シリーズ アフリカ)
(2007/02)
シルヴィアン・A. ディウフ

商品詳細を見る
2ヶ月続いて翻訳ものですが、選ぶ基準として、お話があまり長過ぎない事・イラストにパンチが効いたものにしています。日本に生まれ育っていない子供にとったら、日本のお話も海外ものになるんで、子供達にとったら「それも翻訳ものだ!」ってなるんだろうけどw。

アフリカのお話なのですが、コーンロウって単語に注釈が付いてました。その場で教えるのは簡単だけど、そこで「???」って思って自分からリアクションする事が大事だって思うんで、そのまま読んでしまっています。ざっくり言うと「分相応」って事を教える話だったのですが、アフリカでも同じなんだなーと。でも若い時には理解出来ないんだよねw。

1年間行事シリーズを終えた今年度、もうそういう枠にはあまりこだわらないようにしようと今回はピッツァを作って見ました。これ日本ではキットになって売ってるものなんですが、身近にあるもので全然作れちゃうんだけどなー。日本でネット販売されている工作キットってそういう類のものがすごく多くて、教える側は楽だろうけど、工作って材料集めから字始まってるんで、そこで子供の創作意欲をひとつ奪ってるような気がしてなりません。まあ、私も材料は揃えて持参してるんですけど、インドネシアでも身近にあるものでこんなモノが作れるんだよーって事を知ってもらえばいいかなと思ってそうしています。なので、私の家は工作に使えるかも?って目線で見ちゃうのでモノが溜まる一方ですw。
11.jpg
11 (3)
11 (2)
5歳になったばかりのAちゃんは、毎回作業が早いです。サラミっぽくする方法を教えてあげたらさくさくペイントペンで塗り始めました。
11 (1)
お母さんとふたりで、具の盛り付け開始
11 (4)
野菜が足りないので、野菜を足して完成
11 (5)
Nちゃんは、フルーツピッツァを作ったのですが、紫の折り紙を私が忘れてしまったので、青いブルーベリーになってしまった、すまぬw
11 (7)
美味しそうなピッツァがいっぱい出来ました。
11 (9)


4月のルマキタ文庫は、4月12日(土)に開催です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。