上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在、インドネシアは雨季真っ最中。毎日、決まった時間になると大雨が降っています。この日も、丁度集まる時間ぐらいに大雨が降り出してしまい、集合するのに四苦八苦でした。

クリスマスは、キリスト教徒以外の人には関係無いのですが、やっぱり日本人的にはイベントを何かやりたいなあって事で、NHKの番組でやっていた切り絵をやりました。

作り方はこちら

作成中
IMG00939-20121222-1521.jpg

完成~
IMG00940-20121222-1614.jpg

こうして皆の作品を並べると、パッチワークみたいになりますね。切り絵は、それだけではパンチに欠けるので下に色紙を貼って台座みたいにしてみました。こうすると、模様がより浮き出てキレイな仕上がりになります。
o0640048012345990698.jpg

一番小さいA子ちゃんは、Sさんに手伝ってもらって読んでいます。
IMG00943-20121222-1619.jpg

この日は、集合時間が遅れてしまったのと、切り絵をしていたので、絵本を読む時間が取れませんでしたが、Hくんがトランプをやりたいと強く希望したので、子供たちでトランプ遊びをしました。なんと、七並べw。HくんTくん兄弟は、お母さんとよくトランプ遊びをするそうで、Nちゃんも同様。Nちゃんがリードして、七並べは滞り無く楽しめたようです。Nちゃん、ありがとねー。
IMG00942-20121222-1619.jpg

みんなのとしょかんさんに頂いた、インドネシア語の翻訳本ですが、7冊の内6冊をこの日風邪で参加出来なかったAちゃんが、もう1冊はNちゃんが借りて行きました。

Aちゃんは、長らく文庫に参加出来ていないので、この絵本でまた本を読む楽しみを思い出してくれればいいなーと思います。Nちゃんは、現地のインター校に通っていて基本ここでは英語なのですが、インドネシア語への興味もしんしんで、日本語で読み親しんだ「うちにかえったガラゴ」で勉強しながら読んでみたいと言っていました。


「うちにかえったガラゴ」はインドネシア語では「Saya pulang ke rumah Garago」となります。

みんなのとしょかんさんに頂いた絵本は、日本語を母国語にしない子供達にとって、ひとりで読んで理解出来る機会を与えてくれました。私達、母親は日本語で読みますので、学齢が上がって来るとどうしてもインドネシア語の方が勝ってしまい、子供達は全てを理解している訳ではありません。こうしてインドネシア語版があると補足出来るので、日本語学習の為にもいいかもしれません。

文庫の引越しで、蔵書を確認し直した所、ダブっている絵本が15タイトルあったので、これを手分けしてインドネシア語訳を付ける事にしました。

訳す本のタイトルです。

1.こぐまのくまくん
2.ふたりはともだち
3.きかんしゃやえもん
4.ねずみのいえさがし
5.くだもの
6.がたんごとんがたんごとん
7.ちいさいしょうぼうじどうしゃ
8.ぶたたぬききつねねこ
9.山のクリスマス
10.手ぶくろを買いに
11.ゆきのひ
12.ラチとらいおん
13.ロッタちゃんとじてんしゃ
14.あおくんときいろちゃん
15.ねずみくんのチョッキ



早く皆に渡せるといいです。

1月の文庫活動は5日の土曜日です。
スポンサーサイト


コメント

  1. Kelapa | /Yt6bh8I

    日本語には擬態語や擬音語がいっぱいあるから難しいですよね。私も、やろうかと思って開いたとたん「うーむ」と唸ってそのまま本を閉じてしまいましたw。

    音に関しては、インドネシア語でもそれぞれに表現があるので、日本語との違いを勉強出来ていいかも。

    ( 11:46 [Edit] )

  2. にゃーにゃ | eYZFiH8Y

    翻訳むずかしいです

    こんにちは、にゃーにゃです!

    絵本は、日本語でひとこと「さあどうぞ」と書いてあっても、翻訳しようと思うと、難しいな~と思いました。

    がたんごとん、とかww

    英語の先生(インドネシア人)に英語で伝えて、それを一緒にインドネシア語に翻訳してみたので、間違ってるところがあるかもしれませんw
    もしあったら、直してください♪

    ( 13:04 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。