上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新遅れましたが、先月5月の文庫活動です。

5月は端午の節句なので、こいのぼりを作ることにしました。折り紙ではいつもお世話になっている「おりがみくらぶ」からこれを選んでみました。こいのぼりは2種類あったのですが、実際に作ってみると片方は小さな子供には難しいと分かって、もう1方のものを選びましたが、絵で見てるだけでは分からないものなので、事前に作ってみるのは大事だなあと感じました。

この日作ったこいのぼり
11.05.21-4
おりがみくらぶでは、このようにプリントアウトが出来る折り紙の柄も、その作品に似合うものを掲載してあります。

製作風景
11.05.21-1
折り方は、折り図も用意しましたが、前日にリハーサルしておいたうちの子供が小さい子供達に指導させる形でやりました。

完成!
11.05.21-3
折るのは子供達で、仕上げの串に付けるのはそれぞれお母さんがやりました。

この日読んだ本は
LINK

お話は、かめを連れた男の子が動物園に行き、かめとかば親子の会話で進んで行きます。この絵本は、何より絵がとてもよくて、本のページの見開きでの効果を狙った構図になっているので、読み聞かせには最適な絵本じゃないでしょうか?擬態語や擬音語も多いので、そこでも子供は興味を惹かれるみたいです。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。