上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月は、直前までばたばたしていて工作の準備はばっちりだったのですが、読む絵本を決めるのをすっかりと忘れていましたw。なので、開催場所のお宅に到着してから急いで選んで読んだ絵本はこれ。
きつねのホイティ (世界傑作絵本シリーズ)きつねのホイティ (世界傑作絵本シリーズ)
(1994/03/25)
シビル ウェッタシンハ

商品詳細を見る
スリランカのお話で、ここのところ海外ものが続いてるのですが、この絵本に決めた決め手は、ホイティが変装の為に着替えるシーンのイラストが、インドネシアでも馴染みのある服装だったから。スリランカは仏教国でインドネシアはほぼイスラム。インドネシアでスリランカは馴染みの薄い国なのですが、イラストを見るとスリランカと言われなければ分からないぐらい似通っているので、インドネシアで暮らしている子供達にどう映るか楽しみで選びました。

どこの国でも、オカンという生き物は日常の中でこういう仕掛けをして面白がるんだなあと、そして大らか。ビビットな色使いで南国の雰囲気を上手く演出している愉快なお話でした。

工作は、去年見つけてずっと暖めていた、ビニール傘に絵を描いてオリジナルの傘を作る!!インドネシアは、ざっくりと雨季と乾季しか季節が無いのでいつやってもいいんですけど、やっぱりここは6月の梅雨じゃないとと6月まで我慢していましたw。
DSC_0072.jpg
DSC_0069.jpg
DSC_0070.jpg
DSC_0071.jpg
DSC_0073.jpg
DSC_0074.jpg
DSC_0076.jpg
今回は、サンプルは作らないでそのまま傘を渡して「好きな絵を描いてね~」と始めましたが、みんな迷う事無くそれぞれが自由に描いて行っていました。マーカーは、そんなに沢山無いので譲り合いながら使わないといけなかったのですが、それもきちんと守って揉める事も無く出来ましたよ。

傘と一緒に記念撮影~。
DSC_0077.jpg
DSC_0078.jpg

今週末からイスラムの行事である断食月に入り、学校もちょうど新学期前の長期休暇に入るので来月の文庫活動はお休みします。
スポンサーサイト

今回の絵本はこれ
スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)
(1967/10/01)
大塚 勇三

商品詳細を見る
子供の頃、何度か読んでたはずなんだけど、読むまでどんな話だったかすっかり忘れてました。多分子供なりに、哀しい内容があるので、それを無意識に記憶を埋もれさせたんじゃないかと睨んでいます。「オットー -戦火をくぐりぬけたテディベア-」みたいな最後にいい話だな~って終われるものだったら、哀しい内容を含んでいてもOKだったと思うのだけど、「スーホの白い馬」に関してはどうにも出来ない理不尽さが納得出来ないから受け入れられなかったのでしょう。

ずっと読み聞かせをやってて、今回ほど読むのにつっかえた本はありませんでした。老眼の眼には、文字の部分が非常に読みにくくて辛かったですw。これはひらがなが多いという理由では無く、文字の大きさとレイアウトの問題ですね。あと、「白馬」を「はくば」では無く「しろうま」と読ませているので、そこでも慣れない読みで何度もつっかえてしまいました。

このお話は、1967年に中国語から翻訳されて絵本化された後すぐに、光村図書の小学生2年の国語の教科書に掲載されてて最近、イラストが変わったらしいですね。何度も再販される絵本は、そのイラストの力も大きいと思うのですが、ずっとこの話はこのイラストって思ってたものが途中で変わってしまうと、何だかもう別のお話になってしまうようで複雑な気分。
Untitled.jpg

英語版もあって、教科書に掲載されてるみたいです。
スーホーの白い馬 英語版 ―Suho's White Horse (with CD)スーホーの白い馬 英語版 ―Suho's White Horse (with CD)
(2004/04/30)
大塚 勇三

商品詳細を見る


今月の工作はトイレットペーパーの芯を使って、好きな動物を作りました。ついつい使えると思って溜め込んでしまうコレ、少し減らす事が出来てうれしかったですw。
DSC_0023.jpg
DSC_0025.jpg
DSC_0026.jpg
DSC_0028.jpg
DSC_0029.jpg
DSC_0030.jpg

みんなの作品。私が作ったサンプルがワンコだったので、ワンコが多くなっていますが、それぞれに工夫をしていいのが出来ました。
DSC_0031.jpg

読み聞かせと工作が終わると、おやつタイムです。
DSC_0032.jpg

新しいメンバーが入って数ヶ月、年齢が近い子供が増えたのでいい流れになってます。

記憶ぎりぎりでの更新ですw。

4月の絵本はこれ。イラストのシュールさだけで選んで、当日まで実はお話の内容を把握していませんでしたが、このおだんごぱんの上から目線には、読んでいて何度もツッコミたくなる衝動を抑えるのが辛かったですw。

絵本でよくある、同じパターンの文章の繰り返しで、擬音が楽しいのでこういうのは読みやすくていいですね。オチがはっきりしてるので、まとまりのある読み聞かせが出来ます。
おだんごぱん―ロシアの昔話 (日本傑作絵本シリーズ)おだんごぱん―ロシアの昔話 (日本傑作絵本シリーズ)
(1966/05/01)
不明

商品詳細を見る
本家でもこんな脱力系のイラストなのか気になったので調べて見たところ
20090913_632157.jpg20131213_168830.jpg
b0094239_23473083.jpg
まあ、想定内のイラスト。断然日本版のイラストのがイカしてます。そして、こんなものも見つかりました。tumblr_n3frytn4zY1swqfhho1_500.jpg
そこには、アンパンマンがww

工作は、昔やったやったなメモの折り方の派生バージョン。折り紙で作って、好きなようにデコしてもらってたこ糸で吊って飾れるように仕上げました。
2014222 (5)2014222 (7)
2014222 (6)2014222 (8)
2014222 (9)
完成作品はこれ
2014222 (11)
2014222 (4)2014222 (2)
2014222 (1)2014222 (3)
個性が出てて楽しいシャツやワンピースが出来上がりました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。