上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

rumahkita80

http://kelapa.blog50.fc2.com/blog-entry-14.html『かばくん (こどものとも絵本)』岸田 衿子 ☆4 http://bit.ly/lSaGam
06-21 18:03

スポンサーサイト

本部の方が使っているのを見て、これはいいと思い使い出した「ブクログ」

これはWeb上で、自分の蔵書の整理が出来ちゃう優れものです。レビューも書けるし、ジャンル分けも出来るし、ネットで面白そうな本を見つけたら、それもメモ代わりに登録出来ちゃいます。SNSのように知り合いのブクログアカウントをフォローするとお互いの本棚を共有出来て、情報なども仕入れられる感じです。

ルマキタ文庫も、伊藤忠の助成事業で沢山の本を頂いて以来、蔵書が一気に増えて、中々思うように在庫管理が出来ずどうしたものかと思っていたので、これはとてもありがたい機能。案の定、今までの蔵書リストから作ってみたら数が合わない、、、。私は、途中から文庫を引き継いだので、引き継いだ後の管理がちゃんと出来ていなかった模様。とほほ

これを機に、きちんと蔵書の整理を行って管理して行きたいものです。

ルマキタ文庫のブクログアカウントはこちら

booklog.jpg

booklog02.jpg

更新遅れましたが、先月5月の文庫活動です。

5月は端午の節句なので、こいのぼりを作ることにしました。折り紙ではいつもお世話になっている「おりがみくらぶ」からこれを選んでみました。こいのぼりは2種類あったのですが、実際に作ってみると片方は小さな子供には難しいと分かって、もう1方のものを選びましたが、絵で見てるだけでは分からないものなので、事前に作ってみるのは大事だなあと感じました。

この日作ったこいのぼり
11.05.21-4
おりがみくらぶでは、このようにプリントアウトが出来る折り紙の柄も、その作品に似合うものを掲載してあります。

製作風景
11.05.21-1
折り方は、折り図も用意しましたが、前日にリハーサルしておいたうちの子供が小さい子供達に指導させる形でやりました。

完成!
11.05.21-3
折るのは子供達で、仕上げの串に付けるのはそれぞれお母さんがやりました。

この日読んだ本は
LINK

お話は、かめを連れた男の子が動物園に行き、かめとかば親子の会話で進んで行きます。この絵本は、何より絵がとてもよくて、本のページの見開きでの効果を狙った構図になっているので、読み聞かせには最適な絵本じゃないでしょうか?擬態語や擬音語も多いので、そこでも子供は興味を惹かれるみたいです。


rumahkita80

http://feli.jp/tw/623779-79690/ #felissimo 太陽光で充電できる ソーラーパネル付きバッテリーチャージャー >天気悪いとダメだけど、手軽に持ち運べるのはいいねえ。
06-03 10:17




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。