上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の文庫活動です。

今月の11日に東北関東大震災が起こり、本来だったら遅めの雛祭りをしようと会員だった、今は日本へ戻られたYさんに雛あられを送ってもらっていたのですが、そういう気持ちになれず雛祭りイベントは中止にしてしまいました。震災が起こって以来、ずっとNHKの海外放送とTwitterやFaceBookなどで情報をずっと集めていたのですが、そんな中でFaceBookで友達が貼ってくれた原発に関する子供向けの動画があって、これは元は日本語なのですが英語の字幕を付けてくれた方がいたようで、その動画をダウンロードして子供たちに見せてあげました。

放射能をおならと表現してあって、小さな子供にも分かりやすく説明してあります。


全員揃うのに時間がかかってしまい、絵本を読む前にこの前日本に里帰りした時に購入して来た「都道府県かるた」をみんなでやってみました。
LINK
IMG00030-20110328-1020.jpg

日本人学校へ通うNちゃんのひとり勝ちかと思われましたが、6歳のTくんが中々の健闘ぶり。遅れて参加の6歳のAちゃんもかなり札を取っていました。11歳のうちの息子が1番になったりしていて、皆、お母さんがこつこつと教えていた結果が出てうれしかったんじゃないかと思います。

PDFファイルでダウンロードの出来るタイプのものもこちらにあります。こちらは、オンラインで遊びながら日本の地理を学べるタイプのもの。

この日読んだのは「十二支のはじまり」
LINK

十二支に関しては、こちらも中国系の人達がいるので、今年は○○年です!みたいな会話があります。(いのしし年が豚ですがw)Nちゃんに読んでもらおうと思ったのですが、文体がちょっと読みづらく無理との事だったので、Aちゃんのお母さんに読んでもらいました。

昔、ある年の暮れ、神さまが動物たちにおふれを出したんだと。

と言うような語り口調で、私も読んでみましたが方言とはまた違った難しさで、イントネーションや区切りをどこですればいいのか悩みました。何を読むのかは、毎回当日に決めていたのですが、こういう事もあるので、前もって下読みをして決めておく方がいいかもしれませんね。

そして、この日は全員が集合するまで、少し時間がかかってしまい、子供たちを飽きさせないようにかるたなどで遊んで時間を繋いでいたのですが、そこで子供たちの集中力が切れてしまったので、絵本の読み聞かせの時にはちょっとお疲れモードのようでした。高学年になれば多少は違うのですが、ルマキタ文庫は低学年の子供たちが多いので、この時間配分にはもっと気を配らないといけないなと反省。

来月は4月、日本では桜の季節なので、Yさんに送ってもらった雛あられはお花見イベントで頂く事にしました。桜の花を折り紙で子供たちに作ってもらい、それをあらかじめ作っておいた木に貼り付けて、皆でお花見です。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。