上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せっかくブログを作ったのに半年以上放置してしまいましたw。

今日は、去年の11月以来2ヶ月ぶりの文庫でしたが、新しい仲間が増えました!

ある日、ネットをしていてたどり着いたブログがBandung発のもので、読んでみたら日本人学校へ通う5年生の女の子のブログでした。毎日更新されていて、写真も必ずあって、何より驚いたのが文章がしっかりとしている事。そして、読み終わった本の紹介や、これから読もうとしている本などの記事もあって、これは是非誘わなくちゃ~と思いメールを出して2月の文庫に誘ってみたら、以前からルマキタ文庫の存在を知っていたのだけど、声が中々かからなくて残念に思っていたとの事で、是非参加させてくださいと返事をもらいました。

私はジャパンクラブに入っていないので、新しく来た日本人の情報などに疎いのです。おととし、ジャパンクラブ婦人部の懇親会に誘ってもらった時には、ルマキタ文庫の紹介をしたのですが、去年はそうしたお話が無かったのでしていませんでした。こういう事もあるので、今年も懇親会に誘われたらルマキタ文庫の紹介を必ずしようと思いました。

新しいメンバーになったNちゃんは、メールの返事の中で「自分で絵本の読み聞かせをしたいです!」とあったので、是非是非とお願いして、Nちゃんに読んでもらいました。文庫の子供たちはネイティブスピーカーでは無く、まだ日本語もひらがな、カタカナが精一杯の状態ですので、こうしてネイティブのお子さんに読んでもらえるのはとてもありがたい事です。いずれは、子供たち自身に絵本の読み聞かせをやってもらいたいなーと考えてはいるのですが、道は険しいですw。

読んでもらった本は

そらまめくんのベッド
0

お話は

そらまめくんのベッドはふかふかで気持ちいいのですが、他の豆友達が頼んでも寝させてくれません。ふかふかだから無理もありませんがw。そんな自慢のふかふかベッドが、ある日忽然と消えてしまいます。そらまめくんは必死に探して、結果見つかったのですが、そのふかふかベッドはウズラの母さんが、卵を暖める為に使っていたのです。

さすがに、そらまめくんもウズラの母さんに返せとは言えず、卵が孵るまでふかふかベッドを貸してあげる事にしました。最初は見張っていたのですが、その内に卵が気になりだすそらまめくん。そして、ウズラの赤ちゃんが無事孵ると、豆友達にはケチケチしてふかふかベッドを貸してあげなかったそらまめくんですが、赤ちゃん誕生に大喜び。そして、ふかふかベッドもそらまめくんの元に戻ってめでたしめでたし、、、


と言うもの。

ここでは豆の殻がベッドに例えられているのですが、他の豆友達はグリンピースや枝豆なので、こっちの殻はふかふかじゃない、でもそらまめの殻はふかふかだから、そこでこんなお話を作ったのでしょうね。

読み終わってから、子供たちに「そらまめって知ってる?」って聞いてみたのですが、生憎インドネシアにはそらまめがありません。せめて現物があったら、こういうものだからこういうお話が出来たんだよ~って教えてあげられるんだけどな。

そして、感想みたいなものを引き出してみようと、お母さんたちで質問攻めにしてみましたが、そらまめが今いち理解出来ていないので、答えようが無かったようですw。

でも、絵本を読み終わったら、こうやって感想などを子供たちから引き出すようにするのは、いいアイディアだと思うので、次回からは必ず実行してみよう。

Nちゃんのブログ
にゃーにゃーのぽけっとinバンドン

Nちゃんの今日のブログ記事によると、この「そらまめくんのベッド」はシリーズものらしく他にもあるらしく↓この3冊がありました。

LINK LINK LINK

英語版もありましたが、CD付きな為かお高いですw。

LINK

YouTubeでは、絵本の読み聞かせをしている動画までありました。普段、YouTubeはよく利用していますが、絵本の読み聞かせ動画まであるのか、、、。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。