上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張ルマキタ文庫2回目です。

毎月だと、お互いに続けていくのが難しいだろうと2ヶ月に1回の開催を基本に行っていく事にしました。今のところ、読む絵本や工作はバンドゥンの活動のものと同じにしていますが、参加している子供達が違うので彼らの様子を見ながら内容を変えて行けたらいいなと思っています。

こちらでも、最初に絵本を読みます。読んだのは「おすしのせかいりょこう」

おすしのせかいりょこうおすしのせかいりょこう
(2008/03)
竹下 文子

商品詳細を見る

子供達の反応は、ほぼ同じだったのですが、最後のヲチの所ではジャカルタの子供達の方が、わぁ~感がもっと強く伝わって来ました。最後のページのイラストは、絵本なのに奥行きを感じるような仕上がりなので、もっと大画面にして見せてあげたいなと思うほど。

そして工作のアドベントカレンダー。バンドゥンで使った折り紙と同じ素材のものは人数分無かったので、違った素材の折り紙を用意しました。なので、バンドゥンのそれよりもカラフルになってます。
IMG00485-20131130-1432.jpg
IMG00487-20131130-1434.jpg
IMG00489-20131130-1439.jpg
IMG00490-20131130-1444.jpg
ジャカルタは、純日本人の子供はいないのでこうした工作にはあまり慣れていないのですが、さすが女の子は上手に作ります。色の組み合わせも華やか。
IMG00488-20131130-1439.jpg
こちらも時間内に全員完成です!!
IMG00491-20131130-1524.jpg
今回、Aさんのご近所のインドネシア人の男の子(写真一番前中)が参加したのですが、彼は日本が大好きで独学で日本語を勉強しています。私の話す日本語も少し理解出来ていたので、確認しながらでしたがせっかくの機会だからとなるだけ日本語を使うようにしました。

全く日本に興味が無いと飽きてしまうかもしれませんが、この男の子のように日本が大好きって子供だったらどんどん参加して欲しいですね~。
スポンサーサイト

9月のルマキタ文庫の翌日、ジャカルタに出張してルマキタ文庫をやって来ました。

バンドゥンは1地方都市なので、在留邦人の数はそれほど多くはありません。現在のルマキタ文庫も父親がインドネシア人という子供がほとんどで、その子達もどんどん大きくなっているので勉強が忙しくなったり、学校のお友達との交流が増えたりと出席者も減り始めています。

一方、ジャカルタは首都だし仕事をする場も多いので、当然在留邦人は多くて、父親がインドネシア人という括りにしても断然数が違います。友達の子供達は、ルマキタ文庫の対象者としてはぴったりな年齢の子ばかりで、ジャカルタでやるんだったら行きたいって声を聞いていたので、いうかやりたいなーと思っていましたが、満を持して開催までこぎ付きました。

バンドゥンのルマキタ文庫同様、有志宅をお借りしての開催。バンドゥンからNちゃんも参加してくれました。

ジャカルタらしく、会場のお宅はこーんな高層階にあります。
1378271_329902523821142_2145673600_n.jpg

大勢の子供がいるのを見るのは久しぶりで何だか変な感じw。まずは工作からスタート。初めてこういう工作をするので、お母さんも子供も慣れておらず、私が入ることが多くて写真があまり撮れずこれだけw。人数が多いので、床でやりました。
IMG00400-20130922-1439.jpg

できたー

IMG00401-20130922-1511.jpg

子供達のうれしそうな顔を見ると、次も楽しい工作やらせてあげるからねーって、私のテンション上がります。

お片づけをして、絵本を読みます。何冊か持参したのですが、バンドゥンでも読んだ事のある「すてきな3にんぐみ」をチョイス。

すてきな三にんぐみすてきな三にんぐみ
(1969/12/16)
トミー=アンゲラー

商品詳細を見る

前回は私の息子が小さい「つ」に悪戦苦闘しながら読んだのですが、今回は私。前に読んだ時、小さい「つ」問題であまりストーリーが頭に入っていなかったようで、今回読んで何ていいお話なんだ!って今頃?でしたw。

45539_329902157154512_1594310266_n.jpg
1380459_329902253821169_1735692852_n.jpg
1379390_329902377154490_2143496752_n.jpg

上から文字を読んでいるので、中々スムーズに読めなかったのに子供達は一生懸命聞いてくれて感激。途中質疑応答なども入り、ともすれば早くなってしまいそうになるのを調整出来てよかったです。この子達も母親との会話は日本語なので日本語は理解出来ますが、私の話すスピードと違うので出来るだけゆっくりと読まないといけません。

Nちゃんが、面白いものを持参してくれていました。

1380141_329901270487934_1041520277_n.jpg

日本の昔話のワンセンテンスが、迷路にそれぞれ書かれているのですが、正解の道順を選ばないとお話が途中で止まってしまうもの。さすがにこれは、日本人学校に通っている、以前バンドゥンのルマキタに参加してくれていたNくんしか無理でしたw。

会場のお宅のお子さんのKくんは、おばあちゃんが韓国人でおじいちゃんが中華系インドネシア人。お父さんとお母さんは韓国で出会ったという、私たちとはちょっと違ったパターン。ちょっと前まで韓国に住んで韓国の幼稚園に通っていたので、韓国語の絵本も持っているそうで、今回私が持参した絵本がありましたw

IMG00399-20130922-1438.jpg

私やNちゃんはいつものようにやってしまいましたが、お母さんてんてこまいで、色々と大変だったと後で聞いたりしたので、次回の教訓として生かして行きたいと思います。今年中にもう1度開催予定なので、日程が決まり次第FaceBookの方でお知らせしまーす。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。